> 収入600万に対しての借り入れ限度額はいくらまで?

収入600万に対しての借り入れ限度額はいくらまで?

現在、収入600万円の人が貸金業者から借り入れできる総額は、
200万円までとなっています。

総量規制によって賃金業者の個人貸付は年収の3分の1までに制限される

これは貸金業法の改正によって新たに定められた「総量規制」による制限です。
原則として収入の3分の1を超えて貸し付けを行ってはならない
という法律による決まりが、貸金業者に対して課せられました。

これに違反して貸付を行った場合には、その貸金業者は行政処分の対象となるため、
正規の貸金業者であればこの法律の厳守に努め、限度額に対して慎重に審査します。
指定信用情報機関の利用や、場合によっては収入を証明する書類の提出などによって、
厳密に確認することとなります。

これはあくまでも貸金業者に対する法律であり、借り入れを行う側に
課せられる罰則はありません。
ただしそれに反してまで貸付を行う業者の存在は、
まともに営業しているのであれば「ありえない」ということになります。

総量規制は賃金業者の個人向け貸付が対象

しかしこの「総量規制」の対象となるのは「個人向け貸し付け」に関してのみであり、
法人の借り入れは対象となりません。
また個人であっても事業性資金の借り入れは、原則対象とはなりません。
収入600万であっても、3分の1である200万円を超えて融資を受けることも可能です。
担保付債務や自動車ローン、高額医療費の貸し付けなど、除外や例外などもあります。

借入を行う際には自分自身の現在の借入が対象となるのか否か、
申し込んだ先の貸金業者に確認してみましょう。
また銀行は貸金業者ではありませんので、収入600万の総量規制の範囲に
かかわらず貸付を行うことができます。
規制前の債務が残っている場合などは、収入600万の範囲を超えた債務を
持っている場合もあります。
おまとめローンなどを活用するときには、総量規制の対象となる貸金業者の
商品では対応できないこととなります。このような時には、
銀行の金融商品の利用や担保を要する商品であれば利用できる可能性が高まります。